【簡単解説】エレキギターか? アコースティックギターか? どちらを選ぶべきか? ~ギター初心者が失敗しない選択 3つのポイント~

これからギターをはじめたいと思っている方で、まず悩むのが、

 

ズキンちゃん

エレキギターやりたいけど、

やっぱり、ギターの基本はアコースティックギター…?

 

キッズ

エレキもアコギも両方やりたい!

でも、そんなカネない!!

 

ということではないでしょうか…?

 

パパ

ぶっちゃけ、「そんなの弾きたい方からやればいいじゃん!!」ってことなんですけど…

それを言っちゃあおしまいなんで、せっかくはじめたいと思ったギターを挫折しないための選択ができるよう、簡単に説明したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

アコースティックギター(クラシックギター・フォークギター)

まず、アコースティックギター(アコギ)です。

”クラシック・ギター””フォーク・ギター”とも言いますね♪

 

 

アコギの起源

アコギの起源は、8世紀頃までさかのぼります。

アラビアの古代楽器がスペインに持ち込まれ、ヨーロッパの楽器と融合し進化して今の形になったと言われています。

 

アコギの長所

アコギは、弦の振動が直接楽器の音になります。

つまり、エレキギターのようにアンプにつながなくても単体で十分大きな音が出るような構造になっています。

 

コンサートホールような広い場所で演奏するときや、他の大きな音の出る楽器と一緒に演奏するときなどには、マイクなどで音を拾って増幅させてスピーカーから大きな音を出すこともあります。

 

しかし、基本的には、アコギはそれだけでどこでも演奏できる楽器なのです。

これが、アコギの良いところでもあります。

 

アコギの短所

逆に、より効率よく大きな音を出すために、弦を太くし、張りも強くする必要があるので、弦を押さえる強い力が必要になってきます。

 

また、大きな音を出すために、ギター本体がよく響くようにボディ全体が大きくなりますし、太い張りの強い弦に負けないようにするためにも、ネックは厚く、幅も広くなります

 

スポンサーリンク

エレキギター

対してエレキギターはどうでしょう。

 

エレキの起源

エレキギターが生まれたのは、1930年代のことです。

屋外や大ホールでも、ギター単体で大きな音量が出せるように、ピックアップを取り付けました。

 

このときのギターをフルアコースティックギターといいます。

今でも、ブルースやジャズなどのジャンルでよく使われます♪

 

↓ フルアコースティック(フルアコ)

 

みなさんがエレキギターと聞いて想起するストラトレスポールのようなギターはソリッドギターといいます。

一枚の板、または何種類かの板を接合して、空洞のないボディになっているのがソリッドギターです。

 

ソリッドギターが初めて登場したのは1949年で、現在のギター制作会社の2台巨頭であるフェンダーが制作したエスクワイヤーというギターです。

エスクワイヤーは、後にテレキャスターとして愛されるようになりました。

 

↓ テレキャスター(テレキャス)

テレキャスの特徴と、テレキャスを使うギタリスト7選
テレキャスの特徴と魅力、テレキャスを使うスゴ腕ギタリストたち7名を紹介します。エレキギターをはじめたい初心者の方で、テレキャスが気になっている方はギター選びの参考にしてみてください。7名のギタリストたちの代表曲、その楽譜、レッスン動画などのリンクも貼ってあるので、練習のツールにもなると思います。

 

エレキの短所

エレキギターは、単体で大きな音を出すことができません

 

なぜなら、エレキギターは、そもそもアンプ(スピーカー)を通して大きな音を出すことを前提に作られたものなので、生音を大きくする必要がないからです。

 

なので、エレキギターをはじめるときは、少なくともアンプとシールド(ギターとアンプをつなぐコード)を一緒に購入する必要があります

 

これが、エレキギターの欠点と言えます。

 

エレキの長所

逆に、単体で大きな音を出す必要がないので、弦はアコギよりも細く、張りも弱くていいし、ボディも大きくする必要がなく、ネックも細くすることが可能です♪

 

 

つまり、アコギより力を必要とせず、初心者の方でも弾きやすいです♪

 

 

ギター初心者がつまづくFコードは、人差し指一本で6本の弦全てを押さえなければなりません。

 

これが結構な力を必要とします…。

 

ギターをはじめたばかりの人がアコギでFコードを押さえるのは、まず無理です…。

 

でも、エレキギターであれば、アコギより弦が細く、張りも弱く、ネックも細くて握りやすいので、アコギほどの苦労をしなくてもFコードを押さえられるようになるはずです。

 

 

パパ
パパ

私は、エレキギターからはじめましたが、初めてアコギを弾いたとき、「なんじゃこりゃ~!別モノやんけ~!!」と面食らった記憶があります。

 

逆に言えば、アコギで慣れた方ならば、エレキは簡単に弾くことができるということになりますが…。

 

 

スポンサーリンク

どっちがおすすめ?

 

パパ
パパ

私は、初心者の方にアコギは薦めません

 

初心者にアコギをお薦めしない理由①《力が必要》

アコギからはじめる方は、おそらく、ほとんどの方が挫折します。

簡単に言うと、↑で説明したとおり、弦が硬くて力がないと押さえられないからです。

 

挫折しないのは、指にマメができようが、マメがつぶれて流血しようが、ギターを弾くのが好きで止められない方でしょう…。

 

そんな人は、滅多にいません。

 

理由②《練習時間が限られる》

パパ
パパ

また、アコギは、練習時間も限られます

 

なぜなら、アコギ単体で大きな音が出るからです。

夜みんなが寝静まった時間に練習することができません。

 

エレキの生音であっても、家族が一緒にテレビを見ている中で弾いたら迷惑になる音量です。

アコギは、その倍以上の音量があります…。

 

夜中にアコギを練習すると、家族や隣近所にとっては、”ジャイアンのボーカル””しずかちゃんのバイオリン”状態になってしまいます。

 

パパ
パパ

でも、エレキであれば、深夜であってもヘッドフォンを付ければ、周りの迷惑にならない音量で練習できます。
練習時間は限定されません。

 

 

アコギの消音対策

アコギをやる方は、自宅で練習する際の消音対策には非常に敏感です。

 

色々な方法があるので、少しだけ紹介します。

 

サウンドホール・カバー

アコギは、ボディの真ん中に空いた穴から弦の音が反響して出てきます。

なので、この穴を塞いでしまおうという方法です。

 

 

パパ
パパ

若干小さくなります…。

キッズ
キッズ

若干ね…。

 

 

 

サイレント・ピック

弾いた時の音が小さくなるピック、その名も『サイレント・ピック』を使う。

 

 

パパ
パパ

これは、結構小さくなるイメージですね。

 

 

消音バンド

 

 

パパ
パパ

しょぼい音しか出ません…。

ズキンちゃん
ズキンちゃん

わびしい…。

 

 

サイレントギター

最終兵器!

サイレントギターなるものがあります。

 

 

アコギの欠点の一つを解消した優れた練習ギターですが…、

 

キッズ
キッズ

これ、エレキの一種じゃね!?

パパ
パパ

私も、そう思います…。

 

 

 

理由③《エレキでアコギの音も出せる》

アコギでエレキの音は………、

 

パパ
パパ

出せないことはないか………?

 

まあ、普通はやりませんし、やってるの見たことありませんが、アコギの音をマイクで拾って、エフェクターなどで音を変えれば、アコギでもエレキの音は出せると思います。

 

でも、たぶん非常に面倒くさいですし、機材も特殊なものになってくると思われます…。

 

では、逆はどうでしょう。

 

ズキンちゃん
ズキンちゃん

アコギのあの独特な煌びやかな音が大好きなんです!
どうしてもアコギの音じゃなきゃダメなんです!!

 

パパ
パパ

そういう方、結構いるんじゃないでしょうか?

大丈夫です!

エレキなら、アコギの音も出せます!!

 

それには、アコースティック・シミュレーターというエフェクターを使います。

 

エフェクターについては、こちらを見てください。

エフェクターとは何ぞや? ~実はギターの音作りで一番重要かも…~
ギターはじめたばかりの方は、エフェクターって聞いてもどういうものかよく分かりませんよね?エフェクターは、ギター本体やアンプよりも音作りに直結する機材と言えます。カラオケでエコー掛けるとうまく聞こえるでしょ?あれです。

 

 

アコースティック・シミュレーター

↓アコースティック・シミュレーターを使った音です。

 

パパ
パパ

どうです?

ちゃんとアコースティック・ギターの音になってるでしょ?

 

↓もちろん、こんな感じでいろんな音も出せます!!

17:30辺りからはアコースティックの音も出してます。

 

 

↓このエフェクター。70種類以上のエフェクターやアンプ・シミュレーターが使えて、お値段なんと1万円以下!!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ということで、私は、

〇 近所(家族)迷惑にならず、いつでも練習できる
〇 ボディが小さく、強い力も必要でないため、弾きやすい
〇 アコギの音も出せる

という3点から・・・

 

パパ
パパ

これからギターをはじめたいと思う方にはエレキギターをおすすめします。

 

 

エレキは難しい?覚えること多い?

キッズ
キッズ

でも、機材とか、どんなもの揃えればいいか分かんないし…。

ズキンちゃん
ズキンちゃん

覚えることいっぱいありそうで、なんか、いろいろ難しそう…。

 

パパ
パパ

大丈夫!

↓この記事にリンクの動画をちょっと見れば、なんとなく分かるようになると思います!

 

ギター教則本、必要ですか? ~テキストより分かりやすいYoutubeの先生方に学ぼう!~
ギター初心者の方も教則本は必要ありません。Youtubeにはギターの先生がたくさんいて、親切丁寧に一から教えてくれています。例えば、弦の張り方、チューニングの方法、Tab譜の読み方など様々です。特に分かりやすい先生方の動画を共有していますので参考にしてみてください。

 

 

アコギの商品リンク

…それでも、アコギが欲しいという方は止めません。

 

↓アコースティックギターの商品リンクです♪

ここから好きなやつ選んでください!!

 

 

エレキをはじめたい方は…

 

↓エレキギターをはじめたくなった方は、こちらでエレキギターの選び方を紹介していますので参考にしてみてください!

初めてギターを買うなら、これだ!! 安くても良いものあります!! ~初心者がギターを選ぶときのポイント~
ギターをはじめてみようと決心しても、どのようなギターを買ったらよいのか分からない。安いギターじゃ、いい音は出ないのか?初心者の方がギターを選ぶときのポイントなどを紹介しています。

 



 

PREV

 

 

機材(ギター・アンプ・エフェクター)の紹介
ギターを買おうと思っている方、初心者の方がギターやエフェクターを買うときの注意点、ポイントなどを紹介しています。また、ギターの種類ごとに代表的なギタリストやその代表曲、楽譜、レッスン動画などについてもリンクを貼ってあるので、練習にも活用できると思います。
便利ツール・ちょっとしたテクニックなど
ギター初心者の方が楽しくギターを続けるために必要な無料楽譜サイトや演奏ソフトなどのツール、ちょっとしたテクニックなど役立つ情報を更新しています。
アーティストとおすすめ曲など
ギター初心者の方でも弾ける簡単な曲を中心に、いろいろなギタリストやアーティストを紹介しています。おすすめの曲やその楽譜、レッスン動画などのリンクも貼ってあるので練習に活用してください。気に入った曲が弾けなくても、あきらめずに違う曲に挑戦してみましょう!

 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村