【エレキギター・邪道編】初心者のための最も弾きやすいギターのセッティング方法

ギター初心者のみなさん。

 

ズキンちゃん

上手く弦が押さえられない。

とか……、

 

キッズ
 

弦が硬くてチョーキングができない。

とか、悩んでいませんか?

 

 

パパ

そんなあなたのために、弾きやすいギターのセッティング方法をまとめてみました!

ただし!…ちょっと、邪道かもしれません…

 

 

 

 

キッズ
キッズ

エレキギター・邪道編?

アコギ編とか正道編とかって、あったっけ???

 

パパ
パパ

ありません。

私、アコギ持っていません!

でも、アコギにも使えます!

…たぶん…

 

ズキンちゃん
ズキンちゃん

今後、普通のセッティング方法も紹介するんですか?

 

パパ
パパ

しません。

そういうのが知りたいのであれば、ちゃんとしたサイトいっぱいあるので、そちらを参考にしてください。

 

 

では、禁断の邪道編のはじまりです!

 

若干、普通のセッティング方法も紹介しています…♪

 

 

スポンサーリンク

弾きやすいギターを選ぶ

 

パパ
パパ

よくある方法の一つがこれ…。

 

でも………

 

キッズ
キッズ

そんなに何本もギター買うお金なんかないわ!!

 

パパ
パパ

…ですよね。却下!

はい、次!!

 

 

スポンサーリンク

弦のゲージを細くする

 

これは邪道でも何でもありません。

当たり前のことです。

 

 

パパ
パパ

考えるまでもなく、細い弦の方が断然楽に押さえられます♪

ここは、売られている中で一番細いヤツを黙って買うべし!!

 

 

↓たぶん、これが一番細いです♪

 

ERNIEBALL(アーニーボール)の弦は、他のメーカーに比べて若干柔らかいと感じますし、張り替えたばかりの音のツヤは最高だと思います♪

 

ただ、すぐに錆びますけどね…。

 

スポンサーリンク

ネックの反りを直す

これも邪道なことではありませんが、ネックの反りも弾きやすさに影響します。

季節の変わり目(湿度の変化)には、特に注意しましょう!

 

↓ネックの反りの確認方法

 

↓逆反りネックの調整方法(順反りは、回す方向が逆になるだけです。)

 

 

スポンサーリンク

弦高を低くする

 

パパ
パパ

弦がビビるくらい弦の高さを低くしてみましょう。

 

ズキンちゃん
ズキンちゃん

えっ!?

でもでも、普通のギターのセッティング方法のサイトなどでは……

 

 

『弦高を低くした方が弦を押さえやすくなりますが、低くし過ぎると弦がビビって雑音が入ったり、サステイン(音の伸び)がなくなったりするので注意しましょう!』

 

 

ズキンちゃん
ズキンちゃん

…などと書かれていますよ!

 

パパ
パパ

そうですね。

でも、弾きやすさを求めるのであれば、“ひとまず”そういう記載は無視してください!

 

だって、考えてみてください。

あなたは、今、ギターが弾き難くて上手く弾けないんですよ?

弾けないのに、音の質を求めても仕方がないですよね?

そういうことは、弾けるようになってから求めましょう!!

 

ズキンちゃん
ズキンちゃん

な~る…(T_T)

 

ストラトの弦高調整の方法

 

レスポールの弦高調整の方法など

ギター教則本、必要ですか? ~テキストより分かりやすいYoutubeの先生方に学ぼう!~
ギター初心者の方も教則本は必要ありません。Youtubeにはギターの先生がたくさんいて、親切丁寧に一から教えてくれています。例えば、弦の張り方、チューニングの方法、Tab譜の読み方など様々です。特に分かりやすい先生方の動画を共有していますので参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

最も邪道な方法【音程を下げる】

 

パパ
パパ

最も邪道な方法で、かつ私が最もお薦めする方法が『音程を下げる』ことです。

 

分かりやすく書くと、『レギュラー・チューニングの曲であっても、“1音下げ”“1音半下げ”チューニングで練習してみましょう。』ということです!

 

分かりますよね?

 

レギュラー・チューニングだと、弦が思いっきり引っ張られているから“堅く”感じるんです。

 

なので、それを“緩め”て“1音下げ”や“1音半下げ”チューニングにしてしまえば、当然、弦の張力が緩まって弾きやすくなるということなんです。

 

“半音下げ”という方法もありますが、ここは思い切って1音以上下げてしまいましょう♪

 

パパ
パパ

“邪道”と書きましたが、実はこれ、プロのギタリストでも実践している人、結構いるんですよ♪

 

 

“Same Ol Situation” – Mötley Crüe(モトリー・クルー)

 

Mötley Crüe(モトリー・クルー)のギタリストであるMick Mars(ミック・マーズ)は、ほとんどの曲を1音下げチューニングで弾いています。

 

張力のないベロンベロンの状態で弾いて、あのネバッこいヘヴィな音を出しているのです。

 

80年代ではミック・マーズのように1音下げチューニングで弾く人は多くありませんでしたが、最近のハードロックでは“1音下げ”や“1音半下げ“が主流だったりします。

 

…っていうか、もっと音程下げていたりします!

 

 

キッズ
キッズ

バンドでも音程を下げてやれば、ヴォーカルが楽になるかもね!

 

パパ
パパ

そのとおり!

私もバンドでよくやりました。

レギュラー・チューニングと半音下げチューニングの曲などが混在していると、チューニング面倒臭いしね!

 

 

”半音下げ”など変則チューニングは、こちらをご覧ください。

1音下げ、1音半下げは、さらに半音、1音下げます。

ギター教則本、必要ですか? ~テキストより分かりやすいYoutubeの先生方に学ぼう!~
ギター初心者の方も教則本は必要ありません。Youtubeにはギターの先生がたくさんいて、親切丁寧に一から教えてくれています。例えば、弦の張り方、チューニングの方法、Tab譜の読み方など様々です。特に分かりやすい先生方の動画を共有していますので参考にしてみてください。

 

 

モトリー・クルーの“Same Ol Situation”【1音下げ】

Apple Music 楽譜はこちら

 

↓カヴァー動画

 

 

モトリー・クルーは、こちらもご覧ください。

Mötley Crüe(モトリー・クルー) ~破天荒なバッド・ボーイズ・ロックンロールをギターで弾こう♪~
全弦一音下げのミックマーズの粘っこいギターから繰り広げられるカッコいいリフ!80年代のLAメタルブームの一翼を担った破天荒でおバカなバッドボーイズロックンロールにギターを学びましょう♪

 

 

“Blind Man” – Black Stone Cherry(ブラック・ストーン・チェリー)

 

もう1曲、音程を下げて弦をベロンベロン状態にしたヤツを紹介します。

 

南部臭プンプンのハードロックバンド、Black Stone Cherry(ブラック・ストーン・チェリー)“Blind Man”【1音半下げ】

Apple Music 楽譜はこちら

 

↓本人が弾いている手元をアップで映してくれています♪

 

 

 

Tux Guitarでの音程の下げ方

 

ズキンちゃん
ズキンちゃん

レギュラー・チューニングの曲の音程を下げると、元の曲と違う音になってしまい練習しにくいです…。

 

パパ
パパ

ですよね…。

なので、Tux Guitarで音程を下げる方法を解説していきます。

 

Tux Guitarは、こちらをご覧ください。

ギター初心者、必見!これほど便利なものはない!! ~無料楽譜ソフト”Tux Guitar”の使い方講座~
TuxGuitarは無料作曲ソフトですが、(初心者)ギタリストが練習に使える機能が盛りだくさん。リピート機能やトレーニングモードなどの基本的な使い方を紹介するので、ぜひ活用してみてください。

 

↑この記事の“チューニング変更”の説明の逆をやります。

 

『夏本番までにギターを練習しておこう! ~題名に”Summer(夏)”の付くおすすめ曲15選~』の記事で紹介したThe Ataris(アタリス)“The Boys Of Summer”で説明します。

夏本番までにギターを練習しておこう! ~題名に”Summer(夏)”の付くおすすめ曲15選~
題名に”Summer”の付くギターの曲で、無料楽譜のあるものを探してみました。たくさんあり過ぎて全部は紹介できませんが、15曲をピックアップ。初心者の方でも比較的簡単に弾くことができる曲もありますよ!楽譜やレッスン動画などのリンクも貼ってあるので、ギター練習のツールとして使ってみてください。

 

まず、画面左下のチューニングを変えたいパートを右クリックして、“トラックのプロパティ”をクリック。

 

 

↓“E A D G B E“とレギュラー・チューニングになっていることが分りますよね。

右下のレンチマークをクリックします。

 

 

↓赤枠で囲った部分の一番上が1弦で下に順に2弦、3弦を表しています。

音程を変更したい弦のところをダブルクリック(今回は6弦で説明)。

 

 

↓赤丸の所をクリックすると…

 

 

↓こうなるので…

”半音下げ”であれば”D#5”を選択。

”1音下げ”であれば”D5”を選択。

思い切って”1音半下げ”であれば”C#5”を選択。

 

つまり、現在選択されているものの1個上が”半音下げ”2個上が”1音下げ”3個上が”1音半下げ”になっているので、他の弦も同じ音程になるように選択していきます。

 

↓全音”1音下げ”した状態です。

最後に『音符を移調する』チェックを外して”OK”で完了です。

全てのパートを同じ音程にすれば完成です♪

 

 

パパ
パパ

はい、いかがでしたでしょうかでしょうか?

いろいろ試して、「これだ!」という方法を見つけてみてくださいね!!

 

 

PREV NEXT

 

 

便利ツール・ちょっとしたテクニックなど
ギター初心者の方が楽しくギターを続けるために必要な無料楽譜サイトや演奏ソフトなどのツール、ちょっとしたテクニックなど役立つ情報を更新しています。
下手でも挫折しない、ギターを続けるために必要な3つのこと
ギターをはじめたい方、初心者の方が挫折しないで続けられる方法、ツールなどを紹介するブログです。ギターやエフェクターなどの機材やアーティストの紹介もしています。下手でも楽しくギターを弾きましょう♪
機材(ギター・アンプ・エフェクター)の紹介
ギターを買おうと思っている方、初心者の方がギターやエフェクターを買うときの注意点、ポイントなどを紹介しています。また、ギターの種類ごとに代表的なギタリストやその代表曲、楽譜、レッスン動画などについてもリンクを貼ってあるので、練習にも活用できると思います。
アーティストとおすすめ曲など
ギター初心者の方でも弾ける簡単な曲を中心に、いろいろなギタリストやアーティストを紹介しています。おすすめの曲やその楽譜、レッスン動画などのリンクも貼ってあるので練習に活用してください。気に入った曲が弾けなくても、あきらめずに違う曲に挑戦してみましょう!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村